本文へスキップ

裏技情報お得館は日常の生活に役立つ情報満載で面白くて為になるサイトです。

☆裏技☆生活の知恵情報

裏技情報・料理・買い物・飲食店・家事・パソコン・割引

パソコンの裏技Tricks of the personal computer

スポンサードリンク


文字入力の速度を上げる方法(裏技)

仕事やブログ作成等をする時にパソコンを使って文字を入力したり、電子メールの作成、チャットやブログ、会議やインタビュー、対談内容を文字起こしにしたりと現代ではパソコンでの文字入力はかかせませんね。私であればホームページの作成にも文字を入力します。正直、キーボードを使って入力するのって結構苦手だし、タイプミスも多かったりでまぁまぁ時間のかかる作業なんですよね、肩こりにはなるし目は疲れるしで・・・(><;そんな時は音声を文字に変換してくれるソフト(しゃべるだけで簡単に文字入力できる音声入力ソフトです。)があるんですよ☆☆☆しかも会議などでICレコーダー等に録音した音声ファイルからの書き起こし(文字に変換する事)もできるんですね♪それとキーボードを使った通常テキスト入力だったら1分間に50文字位しか私は入力できません(><;でも音声入力だったら1分間に200文字相当の文字を入力する事ができるんです。凄くないですか?作業効率が4倍ですよ(*^_^*)それにキーボードを使ったテキスト入力だと頭に浮かんだアイデアが入力中に忘れてしまう事も多々あります。ですが音声入力だと以外とすらすら考えてる事がでてくるんですよね♪おしゃべりは得意だけどキーボードで文字にする間に何を言いたかったのか忘れる事はよくあります。長時間パソコン等で文章を入力する方やキーボードでの入力が苦手な方、作業効率を高めて時間を有効に使いたい方、今後インターネットでビジネスをする為にブログやホームページを制作したい方は早めに音声認識ソフトを導入する事をお勧めします。時は金なりです。文字や文章入力の速度向上するならば私自身も使っている
↓↓お勧め高機能音声認識ソフトはこちらです↓↓

間違って閉じてしまったタブを開く方法(裏技)(WINDOWS7)

閲覧セッションで 1 つ以上のタブを閉じたり、誤って閲覧セッション全体を閉じた場合でも、閉じたタブや閲覧セッションを再び開くことができます。IEは開いたタブそれぞれに関連づけられた Webページを保存します。それには、フォームに入力したテキスト、そのWebページに辿り着いた履歴などの情報が含まれます。その結果、複数のタブを開いていて、1つ以上を閉じた場合、そのいずれかまたはすべてを簡単に再び開くことができます。
1.Internet Explorer のアイコン上で右クリックし[新しいタブを開く] ボタンをクリックします。
2.新しいタブページの [閉じたタブを再度開く] の下で、開くWebページのアドレスを探してクリックします。
閉じた最終閲覧セッションを再度開く方法は次のとおりです。IEを閉じて、閲覧セッションを終了すると、IEはその時点で開いていたWeb ページの情報を残します。その結果、新しい閲覧セッションを開くと、前回の閲覧セッションで開いていたWeb ページを再び開くことができる訳です。最終閲覧セッションを再度開くには、以下の手順を実行します。[ツール] ボタン、[最終閲覧セッションを再度開く] の順にクリックします。IEが前回閉じたときに開いていたすべてのWeb ページが新しいタブで開きます。

インターネット・エクスプローラのジャンプリストにサイトを登録(いつも表示に)する方法(裏技)(WINDOWS7)

デスクトップのタスクバーにあるIEのマークのアイコンを右クリックすると「いつも表示」や「よくアクセスするサイト」が表示されますが。これを「ジャンプリスト」と言います。ここに強制的に好きなサイトを登録する方法を紹介します。まず目的のサイトを表示します。表示されているページの適当な所で右クリックしてデスクトップにショートカットを作成します。次にデスクトップ上の今、作ったショートカットのアイコンをマウスでタスクバーのIEのアイコンの所までドラッグします。これで完了です。タスクバーのIEのアイコンを右クリックしてみて下さい。「いつも表示」に登録されているはずです。(最後にデスクトップのショートカットは削除しても問題ありません)☆☆☆

スタートメニュー(スタートメニューのジャンプリスト)によく使うアプリやソフト・フォルダにサイトを常時表示させる方法(裏技)(WINDOWS7)

通常スタートメニューに表示されるソフトやアプリ等は使用頻度によって並び順が変わったり消えてしまったりします。これではいざスタートメニューからアクセスしようとしても目的のソフトやアプリ等が無い場合があります。これを固定して表示させる裏技です→まずスターメニューをクリックしたら左上の方に薄い水色の線が入っています。この薄い水色の線より上は常に固定されるようになっているのですが、ここにもって行くには薄い水色の線より下にある目的のアプリやソフトを右クリックします。そして、「スタートメニューに表示する」をクリックします。すると薄い水色の線より上に移動します。これで完了です。いつでもすぐにスタートメニューから起動できますヽ(^o^)丿又、デスクトップ上の物でも同じ操作でスタートメニューのジャンプリストに登録する事ができます☆☆

ホームページ(WEBサイト)の文字が小さくて見づらい時に文字を大きく表示させる方法(裏技)(WINDOWS7)

ホームページ(WEBサイト)を閲覧している時にあまりにも文字が小さくて見にくい場合は表示を大きくする方法(裏技)があります。簡単ですよ→「Ctrl」キーを押しながら向こう側へマウスホイール(マウスの中央についてるクルクル回るやつです)を回すと文字や画像が拡大表示されます。☆☆♪

画面の外にアプリやソフト等のウィンドウがはみ出ている状態(×マークが無い状態)でウィンドウを閉じる方法(裏技)(WINDOWS7)

方法は簡単です。ウィンドウの左上の何も無い所をダブルクリックして下さい。すると簡単にウィンドウが閉じてくれます。複数のウィンドウを開けて作業している時なんかは便利ですよ♪(*^^)v
タブの閉じ方画像

マウスのホイール(真ん中についている円形の物)の動く範囲を変える方法(裏技)(WINDOWS7)

インターネットでホームページを閲覧している時にページを上下に移動させる時にホイールを使いますが、このホイールの回転に対してページをスクロールさせる行数(ホイール1目盛りでスクロールする行数)を変更する事ができます。目的の記事を探したいがホイールをクルクル回すのが面倒な時に自分好みに微調整できるのです。方法はこちら→「スタート」→「コントロールパネル」→「マウス」をクリックします。次に「ホイール」タブを選択して、そこからホイール1目盛りでスクロールする行数を変更します。☆☆☆♪

無料で電話をする方法(裏技)

今ではスマートフォンを持っている人が殆どなのでLINEを使えば。LINE経由で無料通話ができると思います。ですが今だにガラケーだとLINEは使えません。そんな時はスカイプと言うソフトを使いましょう。私の場合は自宅のノートパソコンにスカイプをインストールしています。そして友達にもスカイプをインストールしてもらいスカイプ経由で通話をする事ができます。スカイプはインターネット回線を使っているので通話料は無料です。音質は電話以上に良いので会話がとても快適です。しかも音声は暗号化されていて悪質な業者などに会話が聞き取られてしまう心配もありません。 スカイプのアプリも無料でインストールできるので是非導入する事をお勧めします。又、スカイプにはいろんな機能があります。@通話しながらチャットができます。最大で100人と同時にチャットができます。A会議機能があります。自分を含めて最大10人迄が同時に通話ができるのです。大変便利です。B大容量のファイル転送ができます。3G〜4GでもOKです。これは非常に便利です☆☆Cテレビ電話をする事ができます。ウェブカメラが標準装備されていなければ別売で買って付けて下さい。安い物であれば3000円位で買えます。マイクも標準装備されていなければ別売で必要ですが高い物ではありません。
スカイプはこちらからダウンロードできます→http://www.skype.com/ja/

削除してしまったファイル等を復活させる方法(裏技)

必要無くなったファイルをゴミ箱へ→ゴミ箱を空にする。あっっ間違えて削除してしまった(><;今のファイルは間違えだ!元に戻してくれ〜!!なんて焦った事ないですか?どうしたらいいんだ?と困った時は一度、復元ソフトを試してみて下さい。有料のソフト〜無料のソフト迄あります。すべてのファイルが復元できるという保障はありませんが、ファイル復旧サービス業者に高額なお金を出す前に一度、試してみる価値はあるかと思います。かなりの確率で復元できますので諦める前に是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ホームページの過去の状態を見る方法(裏技)

ホームページは日々更新を重ねて現在に至ります。ヤフーのサイトだって10年前は現在とは表示のされ方もぜんぜん違います。今回紹介する裏技は目的のホームページの過去の状態を見る事ができる驚きの方法があるのです。このホームページの昔はどうだったんだろう?と気になったらインターネットアーカイヴ(Internet Archiive)が提供するサイトで過去の姿を知る事ができます。このサイトは世界中のあらゆるコンテンツを永久保存する目的で設立されました。1996年以降に立ち上げられた世界中の色々なホームページが保存されています。使い方は簡単です。こちらのサイトにアクセス→http://archive.org/web/してからページ上部にある「Wayback Machine」と書かれた右隣の入力欄に目的のホームページのURLを入力して「BROWSE HISTORY」のボタンを押すだけです。完全に表示されない場合もありますが雰囲気だけは掴めますので是非一度お試しあれ〜(*^_^*)

外出先から自宅や社内のパソコンを遠隔操作する方法(裏技)(WINDOWS7)

まず初めに条件として遠隔操作する側のパソコンはWindows 7 Ultimate、Windows 7 Professional、Windows Vista Ultimate、Windows Vista Business、Windows XP Professionalである必要があります。では操作方法です。今回はWINDOWS7での説明をします。@「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」をクリックします。Aするとリモートデスクトップ接続のタブが出てくるのでコンピューター名の欄に操作したいパソコンのIPアドレスを入力してから右下にある「接続」をクリックします。(IPアドレスがわからない場合はこちらのIPアドレスを確認するサイト→https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgiにアクセスして下さい。するとIPアドレスがわかります。)B操作したいパソコンに登録されているユーザー名とパスワードを入力してから「OK」をクリックします。すると接続されたパソコンの画面がデスクトップに表示されます。これで完了です。外出先からでも自宅のパソコンを遠隔操作できます(*^_^*)

デスクトップのアイコンを一時的に消す方法(裏技)(WINDOWS7)

なんらかの理由があって一時的にデスクトップのアイコンを隠したい時に使う裏技です。まず、デスクトップの何もない所で右クリックします。そして「表示」の中から「デスクトップアイコンの表示(D)」のチェックを外します。するとデスクトップ上のアイコンは一瞬で消えてしまいます。元に戻す場合は「デスクトップ アイコンの表示(D)」にチェックを入れます。すると元に戻せます☆☆☆

読み方のわからない漢字の読み方を調べる方法(裏技)

インターネットや本や雑誌等を読んでいる時に漢字の読み方がわからない事ってありますよね?そんな時はIMEパッドを使って手書き入力して漢字の読み方を調べる事ができます。まず、タスクバーのIMEパッドを起動します。
IMEパッドの画像
今回は襲(シュウ・おそう)と言う漢字がわからない場合の手順です。左上の手書きモードにします。後はマウスでわからない漢字を入力していきます。すると右側に候補が出てきますので、目的の漢字にマウスをあてると読み方が表示されます。
手書き入力の画像

マウスでコピーできない場合にコピーする方法(裏技)

インターネットを閲覧している時の事なのですが、特定のサイトでコピーできない事があります。通常のコピーの方法としてはマウスを目的の文章などにあててドラック→右クリックして「コピー」するのですがこの方法が通用しない場合は、目的の文章をドラックして「Ctrl」キー+「C」キーでコピーします。貼り付けする場合はちなみに「Ctrl」キー+「V」キーでOKです。この方法は画像等でも対応できます。

ライブラリの使い方(裏技)(WINDOWS7)

「ライブラリ」とは、いろいろな場所に保存している複数のファイルを、1つの仮想的なフォルダー(ライブラリ)でまとめて管理する機能です。例えば、「マイピクチャ」フォルダーにある画像ファイルも、「パブリックのピクチャ」フォルダーにある画像ファイルも、ライブラリの「ピクチャ」に表示できます。目的のファイルを開いたり、ファイルのコピーや移動をしたりするときに、フォルダーをいちいち切り替える必要がありません。ライブラリでは、パソコンのハードディスクにあるファイルだけでなく、外付けハードディスクやネットワーク上の共有フォルダーなどにあるファイルも、一緒に管理できます。又、初期設定では、「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」の4つのライブラリがありますがオリジナルのライブラリを追加する事もできます。目的別にライブラリを作成して使い分けると、ファイルを管理しやすくなります。

デスクトップから新規メールを作成する方法(裏技)(WINDOWS7)

1.デスクトップで右クリックして、[新規作成] - [ショートカット] をクリックします。 2.表示されたダイアログで「mailto:」と半角で入力して [次へ] をクリックします。 3.ショートカットに分かりやすい名前をつけ [完了] をクリックします。「メール作成」とでもいれておきます。 4.このショートカットをダブルクリックすると、電子メールが立ち上がります。

パソコンのパフォーマンスを向上させる方法(裏技)(WINDOWS7)

デフラグはWindows7にもあります。断片化が発生するとハード ディスクに余分な動作が増えてパソコンの処理が遅くなる原因になります。USBやフラッシュ、ドライブなどのリムーバブル記憶装置にも断片化は発生します。ディスク デフラグ ツールを使用すると断片化されたデータが再配置されディスクおよびドライブがより効率的に機能できるようになります。ディスク デフラグ ツールはスケジュールに従って実行されますがディスクとドライブを手動で分析して最適化することもできます。これを行うためには次の手順を実行します。@[ディスク デフラグ ツール] を開くには[スタート] ボタンをクリックします。検索ボックスに「ディスク デフラグ ツール」と入力し結果の一覧の [ディスク デフラグ ツール]をクリックします。A[現在の状態] で最適化するディスクを選択します。Bディスクの最適化が必要かどうかを調べるために、[ディスクの分析]をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合はパスワードを入力するか確認情報を提供します。Windowsによるディスクの分析が完了するとディスク領域が断片化している割合が [最後の実行] 列に表示されます。数値が10%を超えている場合は最適化を実行する必要があります。C[ディスクの最適化] をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合はパスワードを入力するか確認情報を提供します。尚、ディスク デフラグ ツールが終了するまでの時間はハードディスクのサイズおよび断片化のレベルに応じて数分から数時間かかります。最適化処理の実行中であってもパソコンを使用することができます。是非試してみては?(*^^)v

Windows Update で簡単にドライバーを更新する方法(裏技)(WINDOWS7)

わざわざメーカーのサイトに確認していってダウンロードする必要はありません。使っているハードウェアの更新されたドライバーがアップロードされているかどうかをWindows Updateでいつでも確認できます。特に新しいデバイスを最近インストールした場合に便利です。必要に応じて更新されたドライバーをインストールできます。@[Windows Update]を開くには[スタート]ボタンをクリックします。検索ボックスに「更新プログラム」と入力し、結果の一覧の[Windows Update]をクリックします。でてこない場合は[Windows Update]と入力します。A左のウィンドウで[更新プログラムの確認] をクリックします。使用可能な更新プログラムがある場合はリンクをクリックして、それぞれの更新内容の詳細な情報を確認します。Windows Updateでは重要な更新プログラムなのか推奨される更新プログラムなのか又はオプションの更新プログラムなのかが示されます。それぞれの種類の更新プログラムに、ドライバーが含まれている場合があります。B[インストールする更新プログラムを選択します] ページでハードウェア デバイス用の更新プログラムを探してインストールする各ドライバーに対応したチェックボックスをオンにして[OK] をクリックします。使用可能なドライバー更新プログラムが無い場合もあります。C[Windows Update]ページの[更新プログラムのインストール]をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合はパスワードを入力するか、確認情報を提供します。

ドライブにエラーが無いかをチェックする方法(裏技)(WINDOWS7)

ドライブのエラーをチェックする事でパソコンに発生するある種の問題を解決する事が可能です。例えばパソコンのプライマリハードディスクをチェックする事でパフォーマンスの問題を解決したり適切に動作していない外部ハードディスクをチェックする事ができます。方法は→@[スタート] ボタンから[コンピューター] を開きます。Aチェックしたいドライブを右クリックして[プロパティ] をクリックして下さい。B[ツール] タブをクリックしてから[エラー チェック] の[チェックする] をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合はパスワードを入力するか確認情報を提供します。スキャンによって検出されたファイルおよびフォルダーの問題を自動的に修復するには[ファイル システム エラーを自動的に修復する] にチェックを入れます。(※選択しない場合はディスクのチェックで検出された問題は報告されますが修復は行われません。)完全なディスクチェックを行うには[不良セクターをスキャンし回復する] をオンにします。このスキャンではドライブ自体に発生する物理エラーの検出と修復を試みます。その為、完了までに長い時間がかかる場合があります。ファイルエラーと物理エラーの両方をチェックするには[ファイル システム エラーを自動的に修復する]と[不良セクターをスキャンし回復する]の両方にチェックを入れます。C[開始] ボタンをクリックします。尚、ドライブのサイズによってはチェックに数分かかる場合があります。チェックが最適な状態で行われるようにエラーのチェック中はできるだけコンピューターで他の作業はしない方がよいでしょう。☆☆♪♪

メモリの使用量を確認表示する方法(裏技)(WINDOWS7)

パソコンで使われているメモリ(ランダムアクセスメモリ(RAM))の量を現在および過去数分間の両方について表示する方法です。まず[タスクマネージャー] を開くにはタスクバーを右クリックして[タスクマネージャーの起動] をクリックします。 そして[パフォーマンス] タブをクリックします。下の2つのグラフに使用されているメモリの量がMB単位で表示されます。使用されているメモリの割合は、[タスクマネージャー]ウィンドウの下部に一覧表示されます。常にメモリの使用量が多い場合等はパソコンが重くなりパフォーマンスを著しく低下させているので一度に開くプログラムの数を減らしましょう。又はRAMを増設しましょう。するとパソコンが軽くなりますよ☆☆(*^_^*)

パソコン起動時にパスワードの入力を省略する方法(裏技)(WINDOWS7)

パスワードを設定したパソコンでは起動時にパスワードを入力しないとログインできませんよね??毎回毎回面倒です(><;でもパスワードの入力が面倒な場合はパスワードの省略をする方法があるんです。裏技です→まずスタートボタンからアクセサリ→ファイル名を指定して実行をクリック。そして【control userpasswords2】と入力しますOKをクリックしユーザーアカウントウインドを開きます。次にこのコンピューターのユーザーのフレーム内にて自動ログインしたいユーザーを選択します。【ユーザーがこのコンピューターを使うにはユーザー名とパスワードの入力が必要】のチェックマークをは外して下にあるOKをクリックします。これで完了です♪(*^_^*)

IPアドレスを手動で設定する方法(裏技)(WINDOWS7)

通常IPアドレスの割り当て等はプロバイダによって決まります。ですがこの裏技を使えばIPアドレスを手動で設定する事ができます。裏技です→タスクバーの通知領域のネットワークアイコンを右クリックして【ネットワークと共用センターを開く】をクリックします。そうすると【ネットワークと共用センター】ウィンドが開くので【アダプターの設定の変更】をクリックします。そして【ローカルエリア接続】のアイコンの上で右クリックして【プロパティ】をクリックします。次に【Internet Protocol Version 4 (TCP/IPV4)】を選択して【プロパティ】をクリックし【次のIPアドレスを使う】を選択しクリックするとIPアドレスの入力エリアが入力可能になるので任意のIPアドレスを入力します。最後に開いている全プロパティウインドの【OK】をクリックします!!これで完了です☆☆♪

ガジェットを無効にする方法(裏技)(WINDOWS7)

まず初めにガジェットって何?って人に説明します。簡単に言うとニュースや時計・天気予報・株価情報、等の小型のアプリケーションの総称。画面の端に表示されているものが多いですね。でも必要無い場合は無効にして表示を消しましょう☆☆方法は→スタートボタン→コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→Windows SideShowをクリックしてWindows Sideshowを開いて下さい。そして各デバイスごとにガジェットの横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。(有効または無効にするを選択)【※ガジェット を有効又は無効にする前にWindows SideShow 互換デバイスを入手し1つ以上のガジェットをインストールしておく必要があります。】


スポンサードリンク



バナースペース

楽天市場で儲ける方法
イラストを安く買う方法
ホームページを見てもらう方法
無料で使えるアクセス解析
大量の集客が無料でできる
犬の無駄吠えを止める方法

☆裏技情報お得館☆

☆生活の知恵が集まる情報サイト☆
☆日本全国お得情報☆
☆日本全国裏技情報☆


スポンサードリンク